オナニーの仕方TOPへ 画像掲示板 サイトマップ 大人のおもちゃ 手作りおもちゃ 仕方、方法 オカズ(二次元) オカズ(三次元) 所感 ネットネタ
ここで、レビューしているコミックなどは、僕が自分の目で確かめたモノのみです。参考にしていただけたら、コレ幸いです。

2005年03月28日

(ノ・∀・)ノ:タイトル『シャイニング娘。4巻』

シャイニング娘4巻表紙
最近、 シャイニング娘。(4) 限定版 セラフィンコミックス
が発売になりました。
この作品は、モーニング娘。が最盛期だったころに、作者の師走の翁 がモー娘。にはまってしまい、世のモーオタの欲望を漫画化してしまった、神認定なマンガですね。
私も当時はモーオタでしたので、かなり、このマンガのお世話になったのですが、最近ではモー娘。自体があまりに弱体化してしまい、モーオタですら楽しめなくなってしまいましたね。
にもかかわらず、シャイニング娘の四巻が発売になるあたり、モー娘。とシャイ娘。は徐々に乖離し始めているのかもしれません。
あーなんて、適当な解釈だ。(´・ω・`)。
エロマンガには定評のあるこの作家。
当然のごとく、内容も満足できる内容になっているのではないでしょうか。
三巻以降、買い求めていない私にとって未知の世界ですね(;´Д`)
  

バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 02:17Comments(13)TrackBack(0)

(ノ・∀・)ノ:タイトル『ランブルローズ』

ランブルローズ
最近、ランブルローズが気になっています。
このために、PS2を買ってしまいたいほど、気になっています。
まぁ、数日経てば、忘れてしまうのでしょう。
こうやって、衝動買いをしてしまうと、あとで存した気分になるけど、でも、いや、僕は間違っていないという、思いこみでカバーしちゃったりします。
人間の心ってある程度形成されていれば、結構頑丈に出来ているんですね。

それは、おいといて、ランブルローズですよ。
むちむちでぷるぷるな女子レスラーが、くんずほぐれずする、格闘ゲームですね。
その昔は、DOAブームでしたが、これからは、ランブルローズブームがくるんじゃないでしょうか。
口コミでひろがっているらしく、中古でも、高い値段が付いているみたいです。
ランブルローズ 写真集のようなものを見る機会があり、さきほど、堪能してきましたが、これがなかなか良いデキでした。
各キャラクタの、ベビーバージョンとヒールバージョンが掲載されていて、3DCGとしては、クオリティが高いんじゃないでしょうか。
結構売れているみたいで、世の男性諸氏は、(*´д`*)ハァハァしていることでしょう。
2CHには、ランブルローズコードすれもあるみたいで、(*´д`*)ハァハァなチートコードが公開されているようですよ。

ムチムチつながりといえば、ハルベリー出演のキャットウーマンもレザーコスチュームに、黒光りの肢体が映えて(*´д`*)ハァハァモノです。
残念ながら、ラズベリー賞をとっちゃったんですが、エロ肢体が見たい人は、ご覧になってみては?
ランブルローズ超立体CG写真集
ランブルローズ ベスト・ショット
ランブルローズ パーフェクトガイド
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 01:55Comments(3)TrackBack(0)

2005年03月24日

(ノ・∀・)ノ:タイトル『人権擁護法案反対』

人権擁護法案反対!
取りあえず、このデスノート風フラッシュを見てください。
わかりやすく、法案の要点がまとめられています。
法案が可決されると、こういった事件も起きるかもしれません。

この法案に関して、マスコミは何の報道もしません。
それは、人権擁護法案が可決されることにより、マスコミの敵、インターネットを封殺することが出来るからです。
インターネットでの情報のやりとりが、著しく制限されることにより、マスコミによる、世論の情報操作が簡単になるのです。
そのため、TVや雑誌では、全く取り扱われず、国民にその存在を知らせぬままに可決しようとしています。
こんな、国民のことを考えていない、政治はあっていいものではありません。
こういった、政治批判すら、人権擁護法案が通ると、書けなくなるのです。
表現の自由は、唯一、政治を弾劾する機能を有しているのです。
その、機能を規制すると言うことは、独裁政治への布石と言っても過言ではないと思われます。

西尾幹二氏が人権擁護法についてその脅威を指摘
http://www.dela-grante.net/michelin/up/so/No_2793.wmv

人権擁護法案反対リンク
http://blog.livedoor.jp/no_gestapo/
http://www.medianetjapan.com/2/20/book_newspaper/tk0150/index.htm
http://www.geocities.jp/vip_eb/jinkenyougohouhantai.index.html
http://perape.sakura.ne.jp/memo/002/0306_human.htm
http://blog.livedoor.jp/no_gestapo/comment.cgi/16174264#errors
http://fire.prohosting.com/ktruth/#enemy


興味を持った方は、是非リンクをしてください。お願いします。
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 13:17Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月23日

(ノ・∀・)ノ:タイトル『同人誌』

同人誌見てますか?
書いている人も、その行為自体がオナニーなんですよね。
同人誌界隈では、何の規制もないもんですからかなり、直接的で官能的な表現がされています。
もう、性欲のおもむくままに書き殴った、マンガが読めるのですよ。
商業誌では一般的にロリモノは、あまり大手を振って賭けなくなってきてますが、同人誌にはそんなこと関係がないように、日々、書かれ、消費されていきます。
同人誌といっても、いまや、商業誌に連載しているようなプロも書いていますので、クオリティもかなり高く、実用度抜群ですね。
マンガやアニメなどのコンテンツビジネスは、今や、日本の主な産業になってきてますので、その一環として、同人誌を見てみるのも悪くないと思います。
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 15:16Comments(0)TrackBack(0)

(ノ・∀・)ノ:タイトル『イヤホン』

最近、携帯の機種交換を致しまして、一昔前の、F900iにしたんですよ。
この機種、miniSDカードに、AACファイルを記録しておけば、携帯にイヤフォンつないで、聞けるんですね。
電話の出来る、携帯プレイヤーなんですよ。
携帯電話本体に付いているスピーカーでは、音が悪すぎるので、イヤフォン必須なんですけどね。
そんで、最近、携帯MP3プレイヤーが流行っているおかげで、にわかに、イヤフォン、ヘッドフォンブームが来てるらしいですよ。
そういえば、この前、ライトなパソコン雑誌にiPodとヘッドフォン特集がくんでありました。
AKGとかKOSSとかゼンハイザーとか、海外ヘッドフォンが多いですね。
国産では、オーディオテクニカががんばっていると思います。

で、せっかくなので、携帯でいい音で聴きたいなと思って、■ 低価格でナイスなイヤホン8 ■でイロイロ調べたんですよ。
その中からいくつかピックアップ。
SENNHEISER MX450
SENNHEISER ゼンハイザー MX550
AKG アーカーゲー K12P
AKG アーカーゲー K14P
ファッションヘッドホンフィリップス SBC-HS740
変わり種として、耳栓のように、耳の中に入れ込むイヤホンとして、
インナーイヤーステレオミニヘッドホン〈Gumy〉ビクター HP-FX55
なんてのも、ちょっと気になる。
イロイロ迷った結果
高音が美しく、低音は弱めだがタイトに鳴らす、と評判の
AKG アーカーゲー K12P
を買ってみようかな。値段も手頃だし。
みんさんは、イヤフォンやヘッドフォンは何をお使いですか?
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 15:14Comments(1)TrackBack(0)

2005年03月22日

(ノ・∀・)ノ:タイトル『パイパン』

毛があっても良いと思います。
大方の出演者は当然のごとく毛がありますね。
黒々とした、もじゃもじゃの毛はさすがに引きますが、結合部分がよく見えるように少しカリそろえられている毛もありますね。
やっぱり、商業用になると、イロイロと考えることがあるんですね。
で、
最近は、無修正が結構、簡単に見ることが出来るようになっています。
それなのに、毛が邪魔だと思うときがあるのですよ。なくなればいいのに。
やっぱり、パイパンはエロイですよね。
結構、パイパン好きです。
パイパンは好きですが、ロリ属性は無いですよ。たぶん・・・(;´Д`)
(*´д`*)ハァハァ
パイパンヽ(´ー`)ノマンセーですよ。

洋物は結構、パイパンなんですが、洋物自体あまり好きではないので、そこに萌えはないのです。

萌えのあるパイパン。
そんな、アダルトビデオをご存じでしたら、コメントしてくださいー。
お願いしますorz
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 01:49Comments(1)TrackBack(1)

2005年03月21日

(ノ・∀・)ノ:タイトル『錯覚』

   ../⌒ヽ
   ( ^ω^)                    ( ^ω^)
国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ
ユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニ
                         ../ ⌒\
                         (^ω^ )
      ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国
      ニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユ
       ../⌒ヽ
       ( ^ω^)                       ( ^ω^)
国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ
ユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニユ国画アエオナテチヰヰニ
                                  ../ ⌒\
     (^ω^ )                        (^ω^ )
      ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国
      ニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユニヰヰチテナオエア画国ユ
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 13:36Comments(1)TrackBack(0)

(ノ・∀・)ノ:タイトル『オナ禁』

最近全然更新してないですね。
オナニーをしてないわけではないんですが、
そんなに頻繁にしてるわけではないので、ネタがないのですよ。
で、
いま、オナ禁5日目くらいなんですね。
http://yellow.ribbon.to/~todoroki/
ここでのランクでいうと、少尉や、新兵の辺りでしょうか。
全然お話になりませけどね。
オナ禁をしようと思ってやっているのではなく、最近エロを見てないので、しなかったというわけです。

ここから、教訓を一つ。

エロを見なければ、オナニーをしたくならない。
その対偶として、
オナニーをするならば、エロを見なければならない。
という風になりますので、
最初の教訓は、真ではないということになります。

よって、エロを見なくても、オナニーをしたくなるし、オナニーするんですね。

以上 QED
  
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 13:20Comments(1)TrackBack(0)

2005年03月17日

(ノ・∀・)ノ:タイトル『ムカツクんだよ!!人権擁護法』

人権擁護法案Blog
ここは、オナニーの仕方を書いているBlogです。
Hな内容が書かれていたりしています。
たぶん、18禁に指定されるのかもしれませんが、されないかもしれません。
こんな、曖昧なことが書けるのも、表現の自由に守られているからだと思います。
自分が何気なく言ったことや書いたことで、罰を与えられたらどうしますか?
「人権用語法」
なんて、人のためになるような名前なんでしょう。
その名前だけ聞いて、漠然とイメージをする。
差別は確かにいけないことだし、そうやって悪口を言うのは良くないと思う。
だから、この人権擁護法って結構良いんじゃない?
そう感じるかもしれません。
でも、ここには、これからの日本の在り方を変えてしまう力が、秘められているのです。
しかも、日本がダメな方向に向かうのです。
表現の自由が規制されるということは、自分の意見を言うことが出来なくなる、ということです。
間違ったことがあったとしても、それを正す事が出来ないと言うことになります。
軍国主義だった日本は、言論表現の自由がおとしめられ、国に反対する事を少しでも口にすると、治安警察に捕まり、非道い仕打ちを受けました。
それが、この法案が通る事により、再び実現するおそれがあるのです。
法案が通ると、「人権委員」という人たちが、招集されます。
彼らは、全国にちらばり、身近に差別的発言をした人間を取り締まるのです。
なにをもって、「差別」というかは、法案の中で規定されていませんので、彼ら人権委員がその発言は、差別だ、といってしまえば、それが差別になるのです。
人権委員の曖昧な判断一つで差別かどうかが、決まります。
そして、彼らには、予備的に家宅捜査する事の出来る権限が与えられています。
普通は裁判所の許可が必要なのですが、彼らの家宅捜査には許可が必要ありません
ここに、何も言っていない善良な家庭や団体があるとします。
そこに、その家庭や団体では、差別的行為をしている可能性がある、という噂が流れるとします。
すると、裁判所の許可の必要がない「人権委員」は、強制的に家宅捜査することが出来るのです。
そんな、馬鹿な事があるか。
そう、思われるかもしれません。
しかし、その馬鹿な事が現実になろうとしてるのです。
北朝鮮は、密告のシステムが恐怖により管理されてあります。
一つの地域に住む家庭をいくつかグループにします。
そして、その中から反乱分子と見なされる家庭や人が捕まると、そのグループ全体が罰せられるのです。
もし、自分のグループにそういった事を言うやつがいたら、国に見つかる前に、密告した方が、自分や自分の家族は助かるのです。
そういったシステムが日本で、実行されるとしたら、いかがですか?
日本は、結構ピンチな状況に差し掛かっています。
どうか、この問題を意識してください。
こうやってBlogで、個人の意見を書けるのも、また、Blogを通して、様々な情報を手にする事が出来るのも、言論と表現の自由があってこそなのですよ。
人権擁護法案Blog   
バカなBlogだなぁ( ´∀`)、と思ったらクリックをお願いします!
Posted by hakuryou at 03:54Comments(0)TrackBack(0)